So-net無料ブログ作成
検索選択

国会議員アンケート 論拠弱い賛成派 結びつかぬ「納税」と「参政権」(産経新聞)

 産経新聞が実施した国会議員アンケートでは永住外国人に地方選挙権を付与することの是非を問うた。全体では「反対」が61%を占めたが、回答しなかった議員に賛成派は多いとされ、法案が国会提出されれば成立する可能性は高い。にもかかわらず、「賛成」と回答した議員の賛成理由は論拠が希薄だった。(阿比留瑠比)

 「賛成」議員が掲げた主な理由は、一つは「永住外国人が納税義務を果たしている」ということ。もう一つは平成7年2月の最高裁判決の「傍論(ぼうろん)」部分で、地方首長・議員に対する選挙権付与は「憲法上禁止されていない」とされたことだった。

 特に、共産党議員の7人が「納税など一定の義務を負っている」と同じ表現で賛成を表明。公明党も6人が、永住外国人が納税者であることを理由に挙げた。

 参政権を求める在日本大韓民国民団(民団)のホームページにも「納税と議会制度は密接に結びついている。納税者としてその使途について意思を反映させることは民主主義社会において望ましい」とある。

 だが、「国民固有の権利」(憲法15条)である公務員(議員)の選定を「納税」と直接結びつけることには無理がある。納税は一般的に道路、消防、警察など公共サービスを受ける対価とされており、普通選挙制度は税金を納めていない学生や低額所得者にも参政権を保障している。納税と選挙権を結びつければ「納税しなければ選挙権はないのか」という理屈になりはしないか。

 一方、アンケートでは、最高裁判決の「傍論」部分を、「最高裁は国会の判断に委ねている」(共産党参院議員)などと賛成の根拠に挙げる回答もあった。鳩山由紀夫首相も9日の衆院予算委員会で「永住外国人の地方選挙権に関しては憲法に抵触する話ではない」と答弁している。

 だが、「傍論」に判例拘束力はない。最高裁判決の本論は「地方公共団体は国の統治機構の不可欠の要素」「憲法93条にいう(議員を選挙する)『住民』とは日本国民を意味する」などと指摘し、「憲法の規定は、外国人に選挙権を保障したものということはできない」と結論づけている。

 この最高裁判決に加わった園部逸夫元最高裁判事は専門誌「自治体法務研究2007・夏」に寄せた論文で厳しくこう指摘した。

 「第二(傍論部分)を重視したりするのは、主観的な批評に過ぎず、判例の評価という点では、法の世界から離れた俗論である」

 アンケートからは参政権付与の賛成論が憲法や判例の恣意(しい)的解釈に依拠していることがうかがえる。安易に外国人に参政権を認めようという発想には違和感を覚えざるを得ない。

京王線車庫で一部車両脱線=ラッシュ時、3割運休−東京(時事通信)
<雑記帳>結婚式にペンギン2羽が「出席」 静岡のホテルで(毎日新聞)
普天間移設「首相信じたい」=稲嶺名護市長が初登庁(時事通信)
自民・大島氏「倫理観ゼロ」 石川被告の離党・辞職否定で(産経新聞)
防衛力有識者懇 座長に京阪電鉄CEOの佐藤茂雄氏(毎日新聞)



<宝くじ>グリーンジャンボ、全国一斉に発売(毎日新聞)

 1等と前後賞合わせて2億円が当たる「グリーンジャンボ宝くじ」の発売が15日、全国一斉に始まった。東京・銀座の西銀座チャンスセンターでは午前8時半の発売前から約200人が列を作り、くじを買い求めた。

 当選本数は1等(1億5000万円)が17本、前後賞(2500万円)が34本、2等(500万円)が170本、3等(50万円)が1700本。特別賞として「春のおとずれ賞」(1万円)が68万本用意された。発売は3月5日まで。売り切れ次第、販売を終了する。抽選は同12日。

 西銀座チャンスセンターで早速くじを買った東京都豊島区の会社員、岩井中石雄さん(63)は「2億円が当たったら家を買って、残りは老後の備えにしたい」と話した。【堀智行】

【関連ニュース
雑記帳:出た! 山口の穴場で年末ジャンボ1等2本
伏見稲荷:さい銭開き 集計5日がかり
万能川柳:傘の字を組体操と読めないか
万能川柳:宝くじ買わないだろなイチローは
万能川柳:じいちゃんにオイ青年とまだ呼ばれ

「乗り方悪い」と自転車の男児転ばせる 容疑の男を逮捕 (産経新聞)
隕石635個を採取=「世界一」奪還はならず−南極観測隊が会見・昭和基地(時事通信)
千葉大生殺害事件、強殺・放火容疑で逮捕へ(読売新聞)
16億7千万脱税容疑、コリンシアン元社長を逮捕(読売新聞)
秋山被告3月に判決=防衛コンサル脱税−東京地裁(時事通信)



犬小屋全焼、イヌ70〜80匹が死ぬ 奈良(産経新聞)

 7日午後6時半ごろ、奈良県葛城市大屋のペット業者「ワンワンハウス」=寺西登彦さん(62)経営=の犬小屋から出火、木造平屋の犬小屋2棟計約85平方メートルを全焼した。ダックスフントやブルドックなど少なくとも6種類、70〜80匹のイヌが焼け死んだ。けが人はなかった。

 高田署によると、敷地内には犬小屋が3棟あり、計約250匹が飼育されていたという。出火当時無人で、石油ストーブを使用していたといい、同署で出火原因を調べている。

【関連記事】
長野・南牧村で犬舎が全焼、50匹死ぬ
民家全焼で72歳妻死亡 犬助けに戻る?
ハムスター、ザリガニ、カメなど3千匹焼死 山梨のブリーダー宅火災
倉庫全焼でペット犬100匹?死ぬ 埼玉・春日部
不審火? 資材置き場の小屋が全焼 埼玉・北本市

<殺人時効>廃止答申へ 今国会にも刑訴法改正案(毎日新聞)
石川議員の辞職勧告案で対立=民主、採決要求を拒否−衆院議運委(時事通信)
医療関係者への自殺対策研修を強化―政府が緊急プラン(医療介護CBニュース)
総務相が「次官」残し了承、でも将来廃止が条件(読売新聞)
162点が銀座被害品と一致=香港で起訴の男ら、直後に出国−警視庁(時事通信)



石川衆院議員、辞職も離党もせず…記者会見(読売新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件で、政治資金規正法違反(虚偽記入)で起訴された石川知裕衆院議員(36)は9日、北海道帯広市内で開いた記者会見で、「後援会の皆様の総意として、地域の代表として1日も早く国会に戻って活動するよう強い励ましを受けた。今後も与えられた職責を果たしたい」と述べ、議員辞職も離党もしない意向を示した。

 石川議員は「政治資金の出所を不明にするなどの目的で意図的に虚偽の収支報告をしたことはない。水谷建設などから不正な献金を受領したことは一切ない。これらのことは今後の公判で明らかになると思う」として、身の潔白を主張した。

 その一方で、「このたびは北海道11区、十勝のみなさんに多大なご心配をおかけしたことを心からおわびします」と陳謝した。

 石川被告が公の場で自らの進退について言及するのは、5日に東京拘置所から保釈されて以来、初めて。

東大、京都、慶應に同志社 ツイッター「なりすまし」横行(J-CASTニュース)
野党3党に渦巻く落胆と怒り 「政治責任」をなお追及へ(産経新聞)
パトカーに追突して逃走、ブラジル国籍の男逮捕(読売新聞)
山口刑務所で20歳代の受刑者自殺(読売新聞)
御堂筋線、箕面延伸2.5キロで450億円 実現へ市が説明会(産経新聞)



「関連あり」報告、3例目=新型ワクチン接種後に死亡−厚労省(時事通信)

 厚生労働省は9日、新型インフルエンザワクチンの接種後に死亡した長野県の80代男性について、接種に当たった医師から「ワクチンとの関連がある」との報告があったと発表した。接種と死亡の関係があるとする報告は3例目で、同省は専門家に検証を依頼する。
 同省によると、男性には初期の食道がんや高血圧の持病があった。4日に新型インフルエンザワクチンを接種し、約4時間後に体調が悪化して心不全で死亡した。男性は同日、がんの検査などのため多数の薬を使用していたことから、医師はこれらの薬が死亡の原因だった可能性や、脱水症状の可能性もあるとしているという。 

【関連ニュース
【特集】新型インフルエンザ
〔写真特集〕新型インフルエンザ
新型ワクチンの接種勧奨へ=予防接種法改正で
ツムラ、営業益193億円に下方修正=新型インフル流行下火で-10年3月期予想
京阪電鉄、09年4〜12月期営業益0.8%減=新型インフルや景気悪化で

<タクシー>乗務距離制限の取り消し求め提訴 近畿の5業者(毎日新聞)
<番号制度>導入に向け閣僚会合 5月までに複数案(毎日新聞)
顧問の扱い「対応を指示」=全国町村会会長逮捕で総務相(時事通信)
新日鉄が名古屋港に汚水排出、海保が捜索(読売新聞)
「マネ辞任幕引き」「解雇で訴訟」 朝青龍事件乱れ飛ぶ怪情報(J-CASTニュース)



<認知機能検査>高齢者免許更新取り消しは2件 施行6カ月(毎日新聞)

 警察庁は4日、75歳以上の高齢ドライバーに対し、運転免許更新時に義務付けた「認知機能検査」(講習予備検査)の施行6カ月の実施状況を公表した。免許取り消しの可能性がある「記憶力・判断力が低い」(第1分類)と判定されたのは5770人で、全体の2.4%。このうち、専門医による臨時適性検査の結果、認知症が判明した2人が取り消し処分とされた。

 検査は昨年6月1日に開始。75歳以上の免許保有者は324万人(09年末現在)で、昨年6〜11月に23万7823人が受検した。

 第1分類以外の判定は、「記憶力・判断力が少し低い」(第2分類)が6万2932人(26.5%)、「記憶力・判断力に心配がない」(第3分類)が16万9121人(71.1%)だった。

 また、警察庁は昨年11月、認知機能検査を受検した4299人にアンケートを実施。運転頻度は「ほぼ毎日」が58.2%、「週に数回」が26%で、高い頻度で車を運転している人が多数を占めた。自分の運転能力については、「普通の高齢者と同じくらい」が68.2%で最も多く、「自信がある」29%。「自信がない」は2.8%で、自己評価の高さが際立った。【長野宏美】

【関連ニュース
死亡事故:10日間で8件8人 15日まで警報発令 /京都
交通事故死者数:昨年の県内、52人 高齢者が半数 /奈良
クルマ高齢社会:第6部・命を守るために/中 免許返納へ、バス充実(2/2ページ)

【新・関西笑談】リヤカーマン世界を歩く(1)冒険家 永瀬忠志さん(産経新聞)
「1Q84」続編、4月16日発売=初版で50万部−新潮社(時事通信)
<アジアゾウ>「はな子」誕生日、国内最長老の63歳 特製ケーキ贈る(毎日新聞)
京大病院患者から高濃度インスリン 殺人未遂などで捜査(産経新聞)
現場駐車場まで自ら運転か=睡眠薬、酒、男性に飲ませ−木嶋容疑者・埼玉不審死(時事通信)




<桜の開花予想>東京都心は3月23日ごろ 日本気象協会(毎日新聞)

 日本気象協会は3日、今春の桜(ソメイヨシノ)の第1回開花予想を発表した。3月以降の気温が平年並みか高いと予想されることなどから、開花日も平年より3日〜1週間程度早まる所が多い見込み。予想開花日が最も早いのは福岡市の3月19日ごろで、東京都心は同23日ごろ。

 各地の予想開花日は▽広島市3月24日▽名古屋市同26日▽京都市同28日▽宇都宮市4月1日▽新潟市同10日▽仙台市同11日▽札幌市5月3日−−など。開花予想は同協会ホームページ(http://www.jwa.or.jp/)で公開している。

【関連ニュース
桜の開花予想:ウェザーマップが新規参入
桜開花予想:都心3月24日ごろ 気象庁撤退、民間会社に
サクラの花が早く咲く/1 温暖化だけじゃない
桜開花予想:55年に幕 気象庁「必要薄れた」
知りたい!:桜の開花予想 気象庁撤退で民間サービス強化

ゴーギャン展HPが不正改竄(産経新聞)
「通勤途中に還付申告を」 大阪国税局(産経新聞)
タミフル個人輸入代行業者6人逮捕 大阪府警 (産経新聞)
主流派vs知名度…日弁連会長選、初の再投票(読売新聞)
「国家安全保障としての医療」シンポで宇沢氏らが講演−日医(医療介護CBニュース)



小沢氏、自民離党の田村議員に民主入り要請(読売新聞)

 民主党の小沢幹事長は5日、昨年12月に自民党を離党した無所属の田村耕太郎参院議員(鳥取選挙区)と党本部で会談し、「日本のために力を貸してほしい。お互い知恵を出そうじゃないか」と民主党入りを要請した。

 田村氏は、支持者と相談したうえで改めて回答する考えを伝えた。会談は小沢氏が呼びかけた。民主党は1人区の鳥取選挙区で既に新人の立候補予定者がいるため、今年改選の田村氏には比例での出馬を求める考えと見られる。

5月に民主党訪米団、米国務次官補が要請(読売新聞)
雪あかりの路 小樽の町に、運河に、キャンドルの灯(毎日新聞)
鳩山首相 小沢氏の招致、明言せず…参院代表質問(毎日新聞)
関東甲信、大雪の所も=交通の乱れに注意−気象庁(時事通信)
オバマさんの脚みたい、日本一長〜い足湯(読売新聞)



モニターに映し出されるナイフの売上伝票 うつむいていた被告も顔をあげ…(産経新聞)

【法廷ライブ 秋葉原17人殺傷 第2回】(7)

 《犯行直前まで、携帯電話を使って自分の行動をネット上の掲示板に書き込んでいた加藤智大(ともひろ)被告(27)。法廷では引き続き、加藤被告の書き込みを大型モニターに映し、検察官がそれを読み上げている。検察官は、事件当日の平成20年6月8日の書き込みをまとめて読み上げる》

 検察官「8日午前5時44分には『途中で捕まるのが一番しょぼいパターンかな』、6時31分には『時間だ、出かけよう』、7時30分には『これはひどい雨、完璧(かんぺき)に準備したのに』などとあります」

 検察官「9時41分に『晴れればいいな』、48分に『神奈川入って休憩、今のところ順調かな』、10時53分には『ひどい渋滞、時間までに着くかしら』と書き込まれています」

 《モニターに映し出される加藤被告の書き込み。これまでにも、新聞やテレビなどでたびたび報道されてきた内容も多いが、加藤被告は一心不乱に相変わらずノートにメモを取り続けている》

 検察官「午前11時7分は『渋谷ひどい』、45分に『秋葉原に着いた』、48分『今日は歩行者天国の日だよね』、そして12時10分に『時間です』とあります」

 《「時間です」。この言葉で、書き込みは終わった。この約20分後、加藤被告はトラックで交差点に突っ込んだ後、ダガーナイフで通行人を次々と刺し、多くの人々の命を奪った。検察官は、書き込みの読み上げをやめ、犯行前の捜査報告書の読み上げへと移った。加藤被告が福井市内で凶器とされるナイフを購入する経緯について、触れていく》

 検察官「これは、福井市内のタクシー会社の顧客データです。加藤被告は6月6日、福井市内の駅から、ミリタリーショップへと向かいました」

 《法廷の大型モニターに、伝票のようなものが映し出される》

 検察官「これはその店の、ナイフの売上伝票です。加藤被告はスローイングナイフなど、計6本を購入しています」

 《法廷の加藤被告は、ノートを取るのをやめ、モニターに視線を移した。長時間うつむいていたが、表情に大きな変化はない》

 《法廷はここで約20分の休廷に入った。再開後は、犯行現場の目撃者の証人尋問が行われるようだ。加藤被告は傍聴人の方を向いて一礼をすると、係官に付き添われてゆっくりと法廷を後にした》

【関連記事】
(1)再現される事件当時の進行経路… モニター見つめる加藤被告 秋葉原殺傷第2回ライブ
(2)「白っぽい上着の男に注目してください」再現される被告の行動 秋葉原17人殺傷第2回ライブ
(3)「あなたの所有物ですね」「はい」… 凶器のナイフ示され、うなずく被告 秋葉原17人殺傷第2回ライブ
(4)「背中を刺された。息苦しい」…被害者の“声”にも被告は無表情 秋葉原17人殺傷第2回ライブ
(5)「みんな死んでしまえ」「目標は100人」… 読み上げられる掲示板の書き込み 秋葉原17人殺傷第2回ライブ

居酒屋に車、客4人死傷=飲酒し運転の男現行犯逮捕−横浜(時事通信)
4億円「知人から預かった」=土地購入翌年の入金−再聴取に小沢氏供述(時事通信)
衆院選違憲判決で住民側が上告=広島(時事通信)
<時効見直し>結論持ち越し 法制審部会(毎日新聞)
<ハイチ大地震>国際医療チームが成田空港に帰国(毎日新聞)



このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。